ボクがゲームをやめた理由【ブログ?】

えむ

こんにちは。自称元ゲーム廃人のえむです。

ボクは最近まで毎日何時間もゲームをしていたゲーム廃人だったのに、なぜそれをやめたのか。やめることができたのか。

その理由は簡単で、「ゲームより面白いものを見つけたから」なんです。

今回は意外と人生ってコロッと変わるもんなんだなあ、という気づきと”心のモヤモヤ”を晴らすというテーマで発信します。

ゲームのやりすぎで病気になりました

早速ですが、どれくらい廃人だったかを証明するエピソードが一つありまして

ボクは小学生のころゲームのやりすぎで帯状疱疹(たいじょうほうしん)という病気にかかったことがあります。

帯状疱疹って基本小学生が発症するような病気じゃないんですよ。ご高齢の方、ほぼおじいちゃんおばあちゃんがかかる病気なんです。

こちらが発症年齢の分布図

出典:maruho『帯状疱疹って?』
https://www.maruho.co.jp/kanja/taijouhoushin/about.html

『帯状疱疹とはウイルス性の病気であり、最初に感染したときは水ぼうそうとして発症…』ってそんな説明はどうでもいいんですよ!

そのとき先生から「コレは疲労が原因ですね」って診断されたんすよ。

いや”疲労”

当時小学5年生ですよ!?外で虫取りして、駄菓子屋行って、朝から夜まで遊び倒しているころに「疲労が原因で病気にかかる」ってなんだよ

まあその疲労の原因ははっきりしていて、間違いなく当時ハマりにハマっていたゲームボーイアドバンスです。一体何百本の単三電池を使い果たしたか、想像しただけでもおそろしい。

ゲームより面白いもの

すみません前置きが長くなりましたが、もちろん今でもゲームは大好きです。それがなぜゲームをやめたのかというと、

「もっと面白いものを見つけたから」
ただそれだけなんです。

それが何かといえば、お察しの通りブログです。

今のところブログがマジで面白いので、もう2週間以上ゲーム機を起動していません。正直自分でも「こんなにゲームをしてないのに禁断症状が出ないんだ」と驚いています。

今日のスケジュールなんて超シンプルです。



ボクは半年前まで公務員だったんですが、帰ってきたらゲームしかしてなかったんです。

最近はスプラトゥーンみたいに、仲間とチームを組んで対戦するみたいなゲームが多いので、ストーリーをクリアするという”目的がない”んですよ。つまり”終わりがない”ので、永遠にプレイしてしまうんですね。

それはもう相当な時間をゲームに費やしてきたわけです。友達もゲームオタクが多いので、声をかければいくらでも一緒に遊ぶ人が見つかります。

そうやってつい最近まで仕事→ゲーム→仕事→ゲームな日々を送っていたんです。

そして、そんな生活を変えたのがブログです。

みんながブログをやる必要はない

でも

えむ

ブログサイコーだからみんなもやろうぜ!!やってない人は人生損してるぞ!

そういうことを言いたいんじゃないんです。

ボクの場合はブログが今までやってきたどんなものより面白くて、熱中できたものだった、というだけなんです。それは人によってはサイクリングかもしれない。ギターを弾くことかもしれない。山登りをすることかもしれない。

ボクはたまたま大学生のころからなにか文章を書いてみたくて、それでブログをやってみたら「これめっちゃ面白いじゃん!」と気づくことできました。

これって、”やってみよう”っていう気持ちがなければ、自分が最高に面白い!と思えることに出会うことは一生ないってことなんですよ。

仕事もまったく同じだと思っています。

”好きなことを仕事にするのは難しい”
”やってみたいけど自分にはスキルがないからできない”

みんな言い訳ばかりなんです。

そんなこと、自分で経験してみなければわかりません。
他人から聞いた話で判断して何もしないのであれば、自分には何も残りません。

そうはいっても実は自分がやってみたかった仕事は、やってみると思っていたほど面白くなかった。そんなケースもザラにあります。

ボクもそうでした。もともとインテリアとか雑貨とかが大好きで転職してみたけど、思っていた仕事とは違いました。

でもやってみてはじめて「ああ自分にこの仕事は向いていないんだ、これがボクのやりたかった仕事ではないんだ」と肌で感じることができました。

今まで”ゲームしていればそれで幸せ”だった人生から、あれもやりたい、これもやってみたい、もしこの分野で仕事をして稼げたらどんなに幸せだろう、とたくさんの可能性を発見できました。

現状維持か、爆死してみるか

「このままでいいのかなあ」と思いつつもゲームをしている、そんな最近までのボクみたいな人がいたら、なんでもいいのでまず手をつけてみてほしい。

できたらはじめてのことに挑戦すること。それが一番多くのことを学べます。もしかしたらその過程で「エッこれ思ってたより面白いじゃん」というものに出会えるかもしれません。

「やらずに後悔するより、やって後悔するほうがいい」

この言葉が、ボクの伝えたい全てです。

ボクが思うにやらずに後悔するのは単純に気持ちが悪いんです。同じ後悔でも”モヤモヤ”するんです。だったら思い切ってやってみて爆死した、そのほうが気持ちが良いんです。少なくともさっきの”モヤモヤ”は晴れますからね。

「なんだかモヤモヤする。人生このままでいいのかと考えてしまう。」という人は、案外自分の方からモヤモヤする人生を歩んでしまっているのかもしれませんね。過去のボクみたいに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ